【LINEスタンプ】白黒はちわれねこのスタンプができました!

【平日なら動物を独占できる!】長野県長野市の茶臼山動物園に行ってきました!

動物園といえば、普段はみることができない動物たちに会うことができるので、子どもから大人まで楽しめる施設ですよね。

とはいえ、動物園とは誰もが訪れる場所ですから、人が多く集まる場所でもあります。人が多いところが苦手な人は、なかなか行きづらい場所でもありますよね。人が多すぎるとゆっくり動物を眺めることもできませんし、一緒に訪れた友達や家族とはぐれないように気をつけなくてはいけません。

そんな方には、ぜひ、平日に茶臼山動物園を訪れることをおすすめします!

今回、9月の平日に茶臼山動物園に行ってみたのですが、すっっっっっごく人がいませんでした!!!入園しても人がいない!!!!人より先に動物が視界に入る動物園!!!!でした!

ということで、本記事ではそんな平日に動物を独占できちゃう!茶臼山動物園についてご紹介していきます!

茶臼山動物園とは?

茶臼山動物園は、長野県長野市篠ノ井にある動物園です。茶臼山という緑豊かな森の中にある動物園であり、自然を感じながら動物たちをみることができる動物園です。また、動物園からは長野市善光寺平を望むことができ、大変見晴らしの良い場所にある動物園でもあります。

さらに、茶臼山動物園には隣接して茶臼山恐竜園・自然植物園という施設があります。茶臼山恐竜園には25体の恐竜オブジェがあります。自由に恐竜にふれたり、中に入ったりすることができるので、楽しみながら恐竜について学ぶことができる施設となっています。

また、自然植物園では豊かな自然の中に設けられたアスレチック施設で遊ぶことができ、子どもと一緒に家族で楽しめる施設となっています。詳しくは公式HPのこちらをご確認ください。

長野市茶臼山動物園の基本情報
  • 開園時間

  3/1~11/30 9:30~16:30

  12/1~2月末 10:00~16:00

  • 休園日

  12/1~2月末日までの毎週月曜日

  (休日にあたる場合はその翌日)及び12/29~12/31

  ※1/1~1/3は開園

  • 入園料

  大人 600円/小中学生 100円

  ※有料入園者30名以上の団体は

  大人 500円/小中学生 80円

  • 住所

  長野県長野市篠ノ井有旅570-1

茶臼山動物園へのアクセス

茶臼山動物園は茶臼山の森の中にある動物園なので、公共交通機関でのアクセスがあまりよくありません。ですので、車でのアクセスが一番簡単かと思います。

  • 長野自動車道 更埴I.Cから車で20分
  • 上信越自動車道 長野I.Cから車で25分

【東京方面から】

  1. 北陸新幹線<JR長野駅>にて乗り換え
  2. 在来線<JR篠ノ井駅>で下車
  3. バス・タクシーにて動物園へ

【名古屋方面から】

  1. 特別急行列車しなの号<JR篠ノ井駅>で下車
  2. バス・タクシーにて動物園へ

【バス】

<篠ノ井駅>から茶臼山動物園を結ぶ茶臼山動物園線「ZOOぐる号」が運行されています。ただし、土日祝日のみの運行であり、冬期の運行はありません。
茶臼山動物園にバスで行く場合は、事前に運行状況を確認してください。
なお、茶臼山動物園の交通のご案内はこちら

【タクシー】

<篠ノ井駅>からタクシーを利用して動物園にアクセスすることもできます。

料金は2500円前後となります。

【徒歩】

<篠ノ井駅>から動物園までは徒歩で1時間くらいかかります。かなりの山道となりますので、足腰に自信がある方でないと厳しいです。あまりおすすめはしません。

茶臼山動物園には【北口駐車場】と【南口駐車場】の2つの駐車場があります。

【北口駐車場】

北口駐車場に車を停めた場合は、モノレールに乗らないと動物園に行くことがでません。隣接している茶臼山恐竜公園・自然植物園には近いので、動物園にあわせて恐竜公園・自然植物園に行く場合は、北口駐車場の利用をおすすめします。ただし、モノレールに乗るには片道100円必要となりますのでご注意ください。

【南口駐車場】

南口駐車場の方が北口駐車場よりも広いので、茶臼山動物園のみに行く方は南口駐車場をおすすめします。なお、今回訪れたときも南口駐車場に車を停めました。平日だったので、車はすごく少なかったです。

9月平日の茶臼山動物園

冒頭にも書きましたが、9月平日の茶臼山動物園はとてもすごく空いています!!!

ゆっくり自分のペースで思う存分、動物を眺め倒したい方にはおすすめです。ほんとうに!ただし、以下のようなデメリットもあります。

  • 動物のふれあいイベントはすべてやっておりません。
  • 売店もやっておりません。

動物のふれあいイベントに参加したい方や、園内での飲食および売店でお土産などを購入したい方は、土日や長期休みに茶臼山動物園へ行きましょう。

ちなみに、ゴールデンウィークや夏休みには子ども連れの家族がたくさん訪れます。隣接する自然植物園には多くのアスレチック等もあるので、子ども連れの家族には絶好の行楽地と言えますよね。ただし、動物園の中は人がいっぱいで身動きが取れないレベル・・・らしいですよ。

茶臼山動物園のイベント情報
  • ポニー乗馬
  • オオコノハズクに近づいてみよう
  • リクガメにエサをあげよう(夏期)
  • 猛獣レストランお食事タイム
  • レッサーパンダのお話し

※ゴールデンウィークを除く土日祝日のイベントです。

※動物の体調や天候により中止になる場合があります。

※最新のイベント情報は茶臼山動物園公式HPをご確認ください。

茶臼山動物園で出会った動物たち

今回茶臼山動物園で出会った動物たちをご紹介します。

茶臼山動物園のアイドルはやっぱり可愛かった!シセンレッサーパンダ!!

茶臼山動物園のアイドルといば、レッサーパンダ!!!テレビやネットで見たことはあったんですが、今回、人生で初めて生でレッサーパンダを見ました・・・。

レッサーパンダ、めちゃくちゃ可愛い・・・(驚嘆

レッサーパンダは顔がものすごく可愛いんです!!!今までテレビやネットでレッサーパンダの画像は見たことがありました。でもそれは、たまたま可愛い顔したレッサーパンダをカメラにおさめただけなんでしょ?と思っていました・・・。でも、それは、大きな間違いであると気づかされました。

テレビやネットで見たことのある、あの!!可愛い顔で、とことこ歩いてます。レッサーパンダ。森であったらソッコーでハグしてお家に連れて帰るレベルです。そのくらい可愛かった・・・!レッサーパンダ!!!

ということで茶臼山動物園に行ったらレッサーパンダは絶対に見に行ってください!とっても可愛いですから!!

シセンレッサーパンダ

  • 英名 Red Panda
  • 生息地 中国南西部の標高1500m~4000mに生息しています。
  • 食べ物 主食は竹の葉やタケノコ、他に果実・ドングリ・小動物など
  • 体重 5kg~6kg

体はフワフワ、目は大きくてクリクリのアルパカ!!

レッサーパンダと同じくらい可愛い!!と思ったのがアルパカです。アルパカは想像よりも体が大きくて、ポニーと同じくらいありました。

そして、目が大きい!!黒くてつるんっとした大きい目!!!その大きい目がうるうるして見つめてくるので、思わず心がときめきました・・・!

茶臼山動物園に行ったら、黒目うるうるのアルパカにも会いに行ってみてくださいね。

アルパカ

  • 英名 Alpaca
  • 放牧地 南アメリカ大陸のペルー南部、ボリビアなど。アンデス湿原高原地帯の標高3500m~5000mで放牧されています。
  • 体長 約2m
  • 体重 約50kg
  • 特徴 良質な体毛をもっており、毛を衣類として利用するために飼育されている動物です。

【猛獣舎】ライオンはやっぱりかっこよすぎる!!!

茶臼山動物園【猛獣舎】にいたのは、ライオンの「キュウゾウ」くん!!!

ライオンは大きい!生の迫力は半端ないです!!!そしてかっこいいいいいいいい!!!!!ライオン好きのわたしにはたまりませんでした!!

気温の高い暑い日だったのでライオンの「キュウゾウ」くんは暑さにバテている感じでしたけど・・・。

やっぱり、動物園に行ったらライオンはかかせないですよね。ぜひ、「キュウゾウ」くんに会いにいってみてくださいね。

ライオン

  • 英名 Lion
  • 生息地 サハラ砂漠以南のアフリカ、インド北西部の草原、低木林などの平地に生息しています。
  • 体長 1.4m~2.5m
  • 体重 120kg~250kg
  • 特徴 ネコ科で唯一、群れを作って狩りを行う動物です。

ライオンの基本的な生態については以下の記事でまとめてますので、興味があればご参照くださいね。

知っておきたい百獣の王ライオンの8つの基礎知識

【猛獣舎】水浴び大好きなアムールトラ!

【猛獣舎】でライオンのお隣にいたのはアムールトラの「ミライ」です!暑さにバテていたライオンの「キュウゾウ」くんの横で、ひたすら水に入っては出るを繰り返していた「ミライ」・・・。暑い日には水浴びがしたくなりますよね。

ちなみに、ネコ科で体高が一番大きいのはアムールトラです。ライオンよりも大きいなんて意外に感じますよね。ただ「キュウゾウ」と「ミライ」では見た目的には大きさの違いはよくわからなかったです・・・。どっちも迫力のある大きさでしたから。

アムールトラ

  • 英名 Amur Tiger
  • 生息地 極東ロシアのアムール川やウスリー川流域の森林
  • 体長 1.7m~2.8m
  • 体重 100kg~310kg
  • 特徴 アムールトラはトラの亜種の中で最も北に生息しており、体も最も大きい種類です。

【アフリカ平原】のんびり暮らすアミメキリン

茶臼山動物園の【アフリカ平原】ゾーンにはアミメキリンとグラントシマウマ、シロオリックスがのんびり、ひろびろと暮らしていました。アミメキリンは大きかった―!!!!

当たり前ですが、アミメキリン、大きいです。反対に、同じ場所にいたグラントシマウマは小さく感じました。同じ園内にいる木曽馬の方が大きいように感じましたね・・・。

アミメキリン

  • 英名 Reticulated Giraffe
  • 生息地 アフリカ大陸のエチオピア、ケニアなど
  • 主食 木の葉や小枝が主食であり、果実や草を食べることもあります。
  • 特徴 アミメキリンはその名のとおり、大きくてはっきりとした赤褐色の網目模様をもっています。

【子供動物園】小さな動物とふれあい体験ができます!

茶臼山動物園の【子供動物園】にはウサギやヤギなどの比較的小さい動物がいます。えさやり体験や抱っこ体験があるので、動物とふれ合えあうことのできるゾーンになっています。

なお、【子供動物園】にいる動物は柵の中にいますが、動物が近づいてきてくれれば、ふれることも可能です。

今回は先着100名限定で、【子供動物園】内の動物へおやつの「枯草」をあげることができました。主におやつに目を輝かせたのシバヤギです。というか、1匹のシバヤギがおやつを催促してすごく大きい声で鳴いているので、ほとんどそのシバヤギにあげてしまいました。食いしん坊なシバヤギにであったら、おやつをあげてあげましょう。

【子供動物園】にいる動物たち

  • ウサギ
  • シバヤギ
  • モルモット
  • ヒツジ
  • アルパカ
  • マーラ
  • アフリカタテガミヤマアラシ
【子供動物園】のモルモットたち

また、今回はモルモットの抱っこ体験が行われていました。ボードにモルモットの抱っこの仕方が記載してあるので、自由に抱っこ体験ができます。

モルモットの抱っこ体験に挑戦したところ、ものすごく嫌がられました。抱っこしようとモルモットの体をつかんだだけで逃げ出します・・・(泣 

嫌がる動物を抱っこしても可愛そうなので、最終的に抱っこはあきらめてしまいました。動物とのふれあいはなかなか難しいものです・・・。

【カメ舎】カメの楽園!意外とよく動いていたカメたち

アルダブラゾウガメの「アース」くん 茶臼山動物園で一番体が大きいカメです。

茶臼山動物園の【カメ舎】には多くの種類のカメがいます。

”カメ=のろま”というイメージがあったので、あまり動かない動物だと思っていましたが、茶臼山動物園にいたカメはよく動いています。特にケヅメリクガメはよく歩いてました。手の届く範囲にいたので、甲羅をさわってみたのですが、すごくカサカサしていました!

また、ホウシャガメの3匹が縦一列に並んで歩いていました。みんな、仲良しなんでしょうか?見ていて思わず、ほっこりしちゃいました。

並んで歩くホウシャガメたち

【カメ舎】にいるカメのご紹介

  • アルダブラゾウガメ
  • ケヅメリクガメ
  • ホウシャガメ
  • ヒョウモンガメ
  • イシガメ
  • ワニガメ
  • カミツキガメ

【フライングゲージ】広い空間には鳥がいっぱい!!

手すりにとまるジュズカケバト

【フライングゲージ】は鳥類を飼育している建物です。建物内にはゲージなどはなく、鳥たちが自由に飛んだり、歩いたりしています。なお、落ちてくる糞に要注意です。

なお、建物内の鳥たちは比較的人に慣れているので、かなり近くで観察することができますよ。

【フライングゲージ】にいる鳥のご紹介

  • クロトキ
  • オシドリ
  • ツクシガモ
  • キンクロハジロ
  • ジュズカケバト

他にもまだまだ動物がいっぱい!!

ここまで紹介した以外にも茶臼山動物園には動物がいっぱいいました!以下に主な動物を列記しておきますね。ぜひすべての動物に会いに行ってみてください。

ご紹介できなかった茶臼山動物園にいる動物たち

  • アジアゾウ
  • ニホンツキノワグマ
  • ベニイロフラミンゴ
  • オランウータン
  • チンパンジー
  • ニホンカモシカ
  • ニホンザル
  • ホンドタヌキ
  • アライグマ
  • 木曽馬
  • ポニー      など

まとめ

長野市茶臼山動物園についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?森の中にある動物園なので、自然を感じながら動物を眺めることができますし、平日であれば、自分と動物だけの時間を楽しむこともできます。

ぜひ、茶臼山動物園の動物たちに会いにきてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です