【LINEスタンプ】白黒はちわれねこのスタンプができました!

【広すぎて1日中過ごせる!!】魅力満点のスペインバルセロナ動物園をご紹介します!

2019年の11月にスペインにあるバルセロナ動物園に行ってきました!とてもとても素敵な動物園で、充実した楽しい時間を過ごすことができました!本記事ではそんな素敵で楽しいバルセロナ動物園の魅力や楽しみ方についてご紹介していきます!!

 

バルセロナ動物園はどんなところ?

まずは簡単にバルセロナ動物園についてご紹介します。

バルセロナ動物園は、その名の通りスペインバルセロナにある動物園です。この動物園の一番の魅力はその大きさにあるといえます。バルセロナ動物園は広いです!動物園が広いということは、その分多くの動物たちに出会うことができます。

動物園のシンボルともいえるライオンや、ゾウ、キリンなどの大型動物はもちろんのこと、シマウマやバッファローをはじめとするサバンナに住む多くの草食動物や数多くのサルたちにも出会うことができます。加えて、爬虫類のみを展示する建物や鳥類のみを展示する建物も園内にあり、名の知れた動物のみに限らず、見たことのない動物にも出会うことができます。

さらに、日本では水族館にいることが多いイルカやアシカも飼育されており、陸上動物に限らず海に住むほ乳類にも出会うことができます。

バルセロナ動物園は、その広さと動物の多さから、一日を通して楽しむことのできる魅力満点の動物園です!

バルセロナ動物園の基本情報

バルセロナ動物園の基本情報についてご紹介です。

バルセロナ動物園の基本情報
  • 名前 Zoo de Barcelona
  • 住所 Parc de la Ciutadella, 08003 Barcelona, Spain
  • 最寄駅 Bus(バス): D20, H14, H16, V21, V27
        Tram(路面電車):Ciutadella – Vila Olímpica (T4)
        Metro(地下鉄):L4 Barceloneta and Ciutadella – Vila Olípica
                  L1 Marina and Arc de Triomf
        Renfe(高速鉄道): Arc de Triomf and Estació de França
  • 入園料 3歳以下 :無料
        3歳~12歳:12.95€(オンラインで購入した場合11.65€)
        大人   :21.40€(オンラインで購入した場合19.25€)
        65歳以上 :10.50€
  • 開園時間:4月~6月 10:00~19:00(最終入園は18:00)
         6月~9月 10:00~20:00(最終入園は19:00)
         9月~10月 10:00~19:00(最終入園は18:00)
         10月~3月 10:00~17:30(最終入園は17:00)
  • 公式サイトはこちら

 

注意事項
入園料は通常の来園者価格になります。バルセロナ動物園のZooClub会員価格は異なりますので、公式サイトでの確認をお願いいたします。また、開園時間は季節により異なります。表記した時期はおおよその目安の月となりますので、動物園を訪れる前に公式サイトでの確認をお願いいたします。

 

バルセロナ動物園へのアクセス

バルセロナ動物園は大都市バルセロナに位置する動物園ですから、アクセス方法も複数あり、簡単に訪れることができる動物園です。

今回訪れたときはMetoro(地下鉄)を使用して動物園に行きました。バルセロナの地下鉄は東京に比べれば、駅や地下鉄の路線が少ないので簡単に利用することができますよ。

 

バルセロナ動物園のチケット代

眠たそうなメスライオン

バルセロナ動物園のチケットははっきり言って高いです。

今回訪れたときのユーロのレートは1€=124円くらいでしたので、入園料は大人でおよそ2,387円(19.25€)でした。日本の動物園の入園料は1000円以下がほとんどですので、なかなかのいいお値段です。ただし、入園料が高い分、魅力も多い動物園なので不満に感じることは少ないと思いますよ。

 

バルセロナ動物園のサービス一覧

バルセロナ動物園は園内のサービスもかなり充実しています。レストランやカフェが3か所ずつ設置されていますし、トイレも6か所もあるので、一日を通して快適に過ごすことができます。 有料ですがコインロッカーも設置されているので、旅行者でも身軽になって園内を巡ることができますよ。

バルセロナ動物園のサービス一覧
  • 出入り口           2か所
  • レストラン          3か所
  • カフェ            3か所
  • トイレ(おむつ交換台あり)  6か所
  • ギフトショップ        2か所
  • コインロッカー(有料)    2か所
  • インフォメーションカウンター 1か所
  • 救護室            1か所
  • ピクニックエリア       7か所
  • 子ども用遊具広場       1か所
  • 授乳室            1か所
  • Free wifi(接続にメールアドレス等の認証が必要。)

 

バルセロナ動物園の7つの魅力

今回バルセロナ動物園を訪れて感じた7つの魅力についてご紹介します。

1.バルセロナ動物園は広いので一日中遊べます!

繰り返しになりますが、日本の動物園と比べると、バルセロナ動物園はかなり広いです。広いので一日中遊ぶことができます。逆に言えば、一日いないと回りきれないくらい広いです。

そして、広い分動物たちもたくさんいます。動物がたくさんいるのは、動物園なんだから当たり前と思う方もいるかもしれませんが、動物園のパンフレットを見るだけでも81種類の動物がいます。(2019年11月現在。)加えて、パンフレットに載っていない動物がたくさん展示されています。

特に爬虫類専用の建物および鳥類専用の建物があるため、そこでは多くの爬虫類、そして鳥類に出会うことができます!

爬虫類専門の建物で出会ったシャムワニ(Cocodril de siam)

2.自由気ままな鳥たちにも出会えます

バルセロナ動物園のゲートを通ってすぐに園内を自由に歩くキジに出会いました。このキジは飼育ゲージの中に入っていません。自由に園内を歩いています。動物園の動物がゲージに入っていないのは、かなり衝撃的ですよね。

キジとチリーフラミンゴの共演

キジの他にも多くの鳥たちが園内を気ままに飛んだり歩いています。この多くの鳥たちは他の動物たちのゲージに自由に出入りしています。

動物園においてはゲージ内に動物が入れられているのが普通ですが、このバルセロナ動物園においては種類は限られていますが、鳥たちが園内を自由に過ごしています。

自然界においては動物たちにゲージはありません。彼らは自由に好きな場所へ行き来することができます。そんな自然の当たり前を感じさせてくれるのも、このバルセロナ動物園の魅力といえるでしょう。

3.動物を探す楽しみがあります

バルセロナ動物園は広い動物園ですが、動物たちが住んでいるスペースもかなり広いです。住居スペースは、それぞれの動物の生態に合わせた環境が作られているため、すぐに動物を見つけられないことが多々あります。

そんな時は、住居スペースをよくよく見てみると、木や茂みの間に動物を見つけることができます。動物を見るだけでなく、探す楽しみもあるのがバルセロナ動物園です。

枝に隠れてよく見えない動物園のアイドル、レッサーパンダ

野生の動物たちは自然の中に暮らしています。自然の中にいる動物たちはすぐに見つけることができませんよね。野生動物は人前にいないことが自然です。探さなければ動物を見つけることができないことは、ある意味、自然に近い状態で動物が飼育されているといえるでしょう。

メモ
なお、動物が宿舎の中に入っているなどの理由で本当に動物がいないこともありますのでご了承ください。

4.海に住む動物にも会えます!

ごはんタイムのアシカ

バルセロナ動物園では海に住む動物にも出会うことができます。水族館のアイドルともいえるイルカやペンギン、アシカに会うことができます。動物園で海に住む動物にも会えるのは、ちょっと得した気分になりますね!

5.飲食店が完備されています

DanaTentisによるPixabayからの画像

一日通して楽しむことができるバルセロナ動物園ですが、長時間滞在しているとお腹が空いてきますよね。バルセロナ動物園には園内に3つのレストランと3つのカフェが完備されていますので、簡単にお腹を満たすことができます。長時間の滞在でも安心して過ごすことができますね!

6.子どもと一緒に快適に過ごせます

園内のトイレにはおむつの交換台が設置されていたり、また授乳室も設置されているので、小さい子どもと一緒でも快適に過ごすことができます。また、園内の通路は幅が広いためベビーカーを押しながらでも快適に巡ることができます。

さらに、子どもたちのための遊具広場(公園にあるような遊具が設置されています。)があるので、動物を見る以外にも遊具で遊んで楽しんで過ごすことができます。  

バルセロナ動物園は子どものために施設が豊富に完備されているので、家族で楽しく過ごすことができます。

7.ピクニックエリアがあります

Jill WellingtonによるPixabayからの画像

ピクニックエリアとは、自分たちで持ってきた食べ物を食べることができる場所です。ピクニックエリアには机と椅子が用意してあるので、空いていれば使用することができます。ピクニックエリアの机は公園にあるようなベンチをイメージすると近いと思います。

上でご紹介したとおり、バルセロナ動物園にはレストランやカフェがありますが、お値段もそこそこします。

そんな方へおすすめなのがピクニックエリアです。自宅や別の場所で購入したお弁当やサンドイッチなどを園内に持ち込んで食べることができます。お財布に優しい動物園と言えますよね。

以上がバルセロナ動物園の7つの魅力のご紹介でした。

 

スペイン語が話せなくても大丈夫?

とことこ歩くスマトラトラ

バルセロナ動物園はスペインの動物園なので、スペイン語を話せないけど大丈夫?と思う方も多いかもしれません。

その答えは、話せなくてもぜんぜん大丈夫です!

今回は事前にチケットを購入して動物園を訪れたので、スペイン語を話すシーンがありませんでした。入園もチケットを見せれば、あとは動物園の方が機械にかざしてくれたので、ほぼ会話なしで動物園に入れます。

ただし、スペイン語の挨拶「Hola(オラ)」やありがとう「Gracious(グラシアス)」くらいは話した方がよいと思いますよ。

なお、園内の動物たちの紹介看板はスペイン語とカタルーニャ語と英語で表記されています。スペイン語が分からなくても英語ができれば、不自由なく過ごすことができるといえるでしょう。

ライオンの紹介看板

ちなみに、スペイン語も英語もサッパリなわたしでも楽しめたので、言語の壁はさほど感じません。というより、言葉を見てないで動物を見ましょう!せっかく動物園にいるのですから!!!

 

まとめ

くっついて眠るワオキツネザル

バルセロナ動物園についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?バルセロナ動物園の魅力が少しでも伝わり、そしてバルセロナ動物園に訪れたいと思っていただけたなら幸いです!

なお、記事が長くなってしまうので、バルセロナ動物園で出会えた素敵な動物たちについては別の記事にてご紹介予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です